健康保険の扶養に入る条件

専業主婦などが夫の扶養に入ると、様々な税制面での免除がありますが、その一つが健康保険料の免除です。
健康保険の扶養に入るには、扶養者の配偶者または子供、父母など直系の関係性であることが必要です。
なお三親等以内の親族も可能ですが、その場合には同居していることが必須条件となります。
そしてもう一つの条件が、扶養される人の収入です。
この収入が年間130万円以内でなければなりません。
よく主婦のパートで130万の壁、という言葉を耳にすると思いますが、それがこの事です。
収入が130万円を超えてしまうと保険料が免除されなくなってしまうのです。
なお、父母などで60歳以上である場合、または障害者年金を受け取っている人の場合には、収入の制限は180万円に上がります。

Copyright© 健康保険 扶養 All Rights Reserved.

健康保険の扶養に入る条件