健康保険の扶養について

新しく健康保険の被保険者となったときに、被扶養者がいる場合や追加があったときには被保険者は事業主へ届けを提出しなければいけないようになっています。
この被扶養者の範囲としては次のようになっています。
被保険者と同居の必要がない場合では、配偶者や子供、孫や兄弟、父母や祖父母などの直系尊属となっています。
しかし被保険者と同居をしてしていなければいけない場合もあります。
それは3親等以内の親族や、内縁関係の配偶者の父母や子供となっています。
被扶養者の認定に関しては、被保険者によって生活を維持されていると言うことが条件となっています。
この時には年収などの条件も関わってくるのでしっかりと確認をしておくようにします。

Copyright© 健康保険 扶養 All Rights Reserved.

健康保険の扶養について